ソロを楽しむ人へ

炎と戯れるギアを。

ドイツ発!本より小さい、

わずか薄さ7.5mmの超コンパクト焚き火台

「FlexFire」はポケットに入る超コンパクトな焚火台。ドイツの堅牢なモノ作りから生まれた「ステンレス
チタン合金」
により熱で歪みません!

ソロキャンプやトレッキングが趣味の方にオススメ。
ほぼ荷物にならず、パーツ組み立て式でメンテナンスもとても楽。
いつでも調理や焚火を楽しめます。

Brand Story

「携帯性が高くいろいろな場面に使える丈夫なキャンプストーブはないか」

柔軟で堅牢な製品のアイデアがドイツで生まれました。
ソロキャンプでもグループでも使え、薪・炭・固形燃料・アルコールバーナー・ガスなどあらゆる熱源に対応!

サイズ違いのFlexFire4・FlexFire6は誰でも簡単に使用できるキャンプストーブです。

「使い捨てによるエネルギー・資源ロスを避ける」ドイツの地球環境・青い地球を守る価値観を背景に、自然と調和を目指す製品開発からFlexFireは生まれました。

極薄サイズの焚火台

「コンパクトでいつでも携帯できる」

極薄サイズの焚火台FlexFireはバッグで携帯可能な超コンパクトサイズ。

パックに忍ばせておけば気軽にコーヒーを淹れたり調理したりできます。

アウトドアスポーツ、トレッキング、ソロキャンプ、自転車での遠出、ツーリング、自然を楽しむ全ての方々にご活用頂けます。

2つのサイズ

「FlexFire4」 と 「FlexFire6」

あなたはFlexFire4 ? それともFlexFire6 ?

側面プレートが4枚のFlexFire4とプレート6枚のFlexFire6か お選びいただけます。

Flexibleなアレンジが可能

側面のプレートと燃焼用のプレート・灰受皿プレートの高さや組み立て方で、用途に合わせて柔軟にアレンジできる拡張性があります。

ソロでもグループでも

「組み立てて自由」に使える

FlexFire6は、2つ組み合わせることでより大きな焚き火台に拡張できる特徴があります。

堅牢なドイツ製

「長く使える」ステンレスチタン合金で歪まない

ドイツ国内の厳しい基準をクリアして生産されるFlexFireは、
堅牢で丈夫にできています。

特に、耐熱性能を確保するために素材を繰り返しテストし、最終的に厳選された「ステンレスチタン合金」を採用しました。いわゆる軽量な純チタン製ではなく、耐熱性能を高めるために合金が使用されています。

掃除が簡単

プレート組み立て式で分解して洗える

プレートの組み立てで焚火台を構成しますので、分解すれば「ヒンジ」も「複雑な折り目」もありません。
このため、
プレートごと洗っていただけるので簡単に灰や油を取り除くことができます。

携帯していれば

コーヒーを淹れてちょっと一息

燃料を持ち歩かなくても、薪が調達できれば気軽にお湯を沸かすこともできます。薪が湿っているとき等、いざというときの為に、アルコールバーナー固形燃料も使える構造になっています。

グリルプレートで焼く

ステーキ肉200gをジュ―ジュ―焼ける

グリルプレートを利用すると豪快にステーキ肉を調理することもできます。

煙突効果

熱源に応じたエアフローをデザイン

燃焼による上昇気流により、プレート下部の吸気口から新鮮な空気が吸い込まれ燃焼室へ酸素が流れます。
これが煙突効果となって、しっかりと燃焼させることができます。

太めの薪も使える

専用プレートに薪用のホールを配置

太めの薪でじっくり焚火を愛でたい方は、薪を横から差し込めるタイプの専用プレートをご利用ください。
直径5cmx7.8cmまでの薪なら燃料として使用することができます。

FlexFire6では更に大きめの薪もご利用頂けます。
じっくり熾火(おきび)を楽しみたい方にお勧めです。

薪・炭の補充も容易に

プレート開口部から追加できる

調理中でも薪や炭の補充ができるよう燃料の供給口がデザインされています。

熱源の高さを調整

用途に応じて熱源の距離に合わせて組立

燃焼用のベースプレートの高さを調整することで、必要な火力を調整することができます。

多様な熱源に対応

アルコールバーナー

固形燃料

ガス

FlexFireを製造しているWikaTechnology社(ドイツ)は、Trangia社(スウェーデン)と連携しており、Trangia社のアルコールバーナーがフィットするように設計されています。

ガスバーナー

FlexFireはガスバーナーにも対応しています。

FlexFire4であれば五徳分離型のバーナーに対応。
更にFlexFire6では、五徳一体型のものも収容可能で、ボンベ
ごと入れて利用いただくこともできます。
さらにホールが空いたプレートを使用すればガスの調節も簡単!

自分に合った焚火台

FlexFireを選ぶ理由

自分のスタイルに合った焚火台を選ぶ

どんなスタイルでキャンプや焚火をするか、重要視するポイントは人それぞれですね。ご自分のスタイルに合った焚火台をお選び頂くには、いくつかのポイントを考えておきたいですね。

風があっても料理に炎が届く

開口部の広い焚火台の場合、風であおられたり炎が広がり料理に熱が集中しないこともあります。熱をしっかり通すには風の影響が少ないタイプがお勧めです。

料理の途中でも燃料を補充しやすい

料理の途中で、焼き網や鍋を持ち上げて、薪や炭の補充はちょっと
危険です。FlexFireでは
横から補充できる構造で、簡単・安心です。

プレート構造で丸ごと洗える

焚火を楽しんだ後、焚火台を収納袋などに入れて持ち帰る際に、灰が残っているとバックパックの中や車に散らばったりで困りますね。
完全にばらして清掃できると、とても便利!

耐熱テストに耐えた素材を厳選

FlexFireは設計段階から、熱で歪んでしまうことがないよう、耐熱性能の高い素材を探し続けてきました。耐熱テストを繰り返した結果、採用されたのがこのステンレスチタン合金でした。

​FlexFire4は極薄5mm(本体分解時)

プレート構造の為、大変薄くコンパクトな製品にすることができました。

専用ケースでコンパクトに携帯

さっと取り出し、直ぐに焚火でバーベキューができます!

あなたはどの

​FlexFire

持ち歩きますか?

Copyright © 2020 LIT INTERNATIONAL Co., Ltd. All rights reserved.